未分類

ラオス旅行は美しいクアンシ―の滝に行くべき

東南アジア好きで、お金が貯まると、近場で安い東南アジアに旅行に行くことが趣味になっています。今回以前から一度行ってみたかったラオス旅行を計画し、実際に行くことができました。ラオスといっても、首都のヴィエンチャンではなく、中部にあるルアンパバーンという世界遺産都市です。街全体が世界遺産で、欧米の人たちにもかなり人気のある観光地、滞在費も安いということで、どんな魅力があるのか、実際に味わいたいと思いました。ホテルは朝食付きで1泊2000円ほどで、ボリュームはあるし、部屋は広いし、サーブも良い感じでクオリティが高いのにまず満足です。そしてそのあとで市内をブラブラと歩きましたが、欧米チックな雰囲気が残り、落ち着いた感じです。食事はタイよりはちょっと高くて質が落ちる感じですが、日本人には合うような味付けが多い印象でした。プーシーの丘とかも良かったのですが、最も良かったベストスポットはクアンシ―の滝です。安いツアーチケットを現地で販売してしたので、申し込み、その1時間後には出発です。1時間くらい走ると、滝の入り口に到着し、最初に出てきたのは、なんと野生の熊がいる保護区で、かわいらしい熊が昼寝をしていたり、遊んだりしていました。そしてその奥を進んでいくと、エメラルドグリーンの渓流が見え始め、美しいクアンシ―の滝に到着です。欧米系の人たちは、滝つぼの中に飛び込み、クールダウンをしていました。水は冷たいものの、とっても綺麗で独特の色をしています。たぶん日本にはないなあと感じるオリジナリティ溢れるカラーの水の色、そして南国らしい樹木や花、マイナスイオンを発する空気の良さ、帰りの時間ギリギリまで、思いきり楽しみました。ラオスは素朴で、のんびり落ち着くことができる国ということで人気なのだと思いました。

-未分類

Copyright© sanjirouライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.